蘭丸海老

「もうそろそろ諦めてもいいですか?」「ダメです!まだ始まってもいませんから。」

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の猫達

こんばんは、蘭丸海老です。

今日は、エビの話ではなく

我が家の猫を紹介をしたいと思います。



現在、我が家では猫を三匹飼っておりまして

多いか少ないかは別としまして

この三匹が、絶妙なバランスではないかと

私は思います。



まずは長男、ノルウェイジャンの小虎です。

性格は一匹狼ですが、非常に頭が良く

言葉が解るのではないかと思うぐらい利口です!

画像 086

画像 116

6.jpg

画像 114

寒い地域の猫で、手入れを怠ると

毛がクチャクチャ縺れます



次に次男、メインクーンの蘭丸です。

大きくなると10㌔を超えると言われている大型猫です。

蘭丸は今の所、8㌔強まで育ちました

この先を目指す場合は、生肉やらを与えると良いらしです

性格は、温厚で少しアホ?メインクーン独特の鳴き方で

少し、ムラ鳴きをします。

体がデカイ割に、一番のビビリです

画像 119

7.jpg

画像 127

画像 129

蘭丸海老の名前は、この蘭丸からとってます。



次に紹介するのは、長女の妃万里なんですが

実は、妃万里が我が家に来る前に三男が居ました。

残念ながら、ガンの為に一歳半という若さで

この世を去ってしまいました・・・

ペットブームの為に、免疫がつく前に親から離され

売りに出される、そして病気に掛かりガンを併発する・・・

子猫のガンの発症が非常に多くなっているそうです。

私は、この一件からペットショップで猫を買うのをやめることにしました。

永眠した三男のテマリです。

10.jpg

テマリと過ごした一年間は、私にとって貴重な一年でした。

安らかに眠って下さい。



そして、長女の妃万里なんですが

テマリが死んでから、猫はもう飼わないと思ってました。

まして、ペットショップからは二度と買わないと

そして一年が過ぎたころ、妃万里と出会う事になったのです。

ある団体のホームページに、妃万里が里子として出されていたのです。


そう、妃万里は野良です。

公園に捨てられていた野良猫です。

誰かに引き取られなかったら、殺処分されていた野良です。

正義感なんて、そんなカッコイイもんじゃないです

テマリが死んだ寂しさかもしれません

テマリに、もっと何かしてあげれたんじゃないかという後悔かもしれません

私が、一匹を助けたところで、何も変わらないでしょう

でも、一つの命を救ったのは事実です。




そんな長女、妃万里です。

5.jpg

性格は、ワガママお嬢です

先住の小虎と蘭丸は、そのワガママぶりに驚愕してます

4.jpg

我が家にやって来て、すぐにこの有様です

画像 085

現在この子には、この家に敵が居ません

画像 113

お風呂も平気です

画像 118

ひも状の物を噛みちぎるのが大好きです

私のパーカーのひもを噛んで、怒られたところです!

画像 121

私に、これで遊べと命令します

3.jpg

そして満足したら、どこでも直ぐに寝ます


そんな、ワガママお嬢の妃万里ですが

二匹の時はバランスが悪かった、小虎と蘭丸の間に入り

微妙な三つ巴が築かれてます。

ただ単に、妃万里に振り回されてるだけでしょうが

そんなこんなな、我が家の猫事情です



それでは、今日はこの辺で

ありがとうございました。



今日は猫三昧

2.jpg

9.jpg

画像 130

画像 125



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。