蘭丸海老

「もうそろそろ諦めてもいいですか?」「ダメです!まだ始まってもいませんから。」

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水槽不調について考える

こんばんは、蘭丸海老です。

今日は、メイン水槽の不調と問題について

ベテランの方から頂いたアドバイスを参考に

自分なりに出た答えを書こうかと思います。

あくまでも自論と言う事で、ご容赦願います


まずは、現在のメイン水槽の状況ですが

①沢山居たミジンコが消えた(今はチラホラ確認)

②硝酸塩の数値が不安定(すぐに上昇してしまう)

③エビの活性が悪い(しかし元気なエビも居てる)

④エビの脱皮不全(尾の部分が残る)

⑤落ちたエビの頭部が赤くなる

⑥2~3日に一匹のペースで落ちる

上記の状態が半月ぐらい続いてます。

当初は、水換えを頻繁に行い、対処してましたが

いっこうに改善されませんでした。

こんな時、あるベテランの方から

「エビの数と水槽の大きさとバクテリアのバランス」

とアドバイスを頂きました。

そして私は、アホな頭でひたすら考え

ひとつの結論を導き出しました。



始まりは、硝酸塩の蓄積とエビの数

これが、不調のスタートだったかもしれません

私は今まで足し水派で、それも理解しての行動ではなく

水が減ったから足していた。

大型水槽での飼育も、理想だけが先行の

タラレバの少数スタート・・・

そして始まる、負の連鎖

硝酸塩の蓄積で、弱いエビがダメージを受け

活性が落ちる、エビの活性が落ちる事で

水槽の活性が落ち、汚れや雑菌が蓄積

更に、エビがダメージを受け活性が落ちる

この時に、ダメージを受けたエビが

脱皮に必要な栄養を摂取できずに脱皮不全になり

免疫の落ちたエビが、雑菌にやられ頭部が赤くなる。

ここで、ひとつの疑問が・・・

エビの脱皮は、成長過程で必要ですが

ではエビは・・・

成長するから脱皮するのか?

脱皮するから成長するのか?

私は、後者だと思っています。

成長→脱皮だと、

脱皮できる状態に成長してからの脱皮が前提になり

不完全な脱皮、脱皮不全は考えにくくなります。

この事から、エビの脱皮は

ある程度のサイクルで行なわれており

この間に、栄養を摂取できなかったエビが

脱皮のサイクルを迎えてしまい

脱皮不全になってしまう。

不調のメイン水槽は、硬度5~7維持し

ミネラルなども定期的に添加しているにも関わらず

脱皮不全が多発し、そのくせ元気にツマツマし

脱皮するエビも居たので、 何で?

と、迷走してしまってました。

今ここで書いたことは、あくまで自論ですが

この考えに至った時、私の中で繋がった気がしました。

本当にエビは、奥が深いです。

熱帯魚では、10に到達するのに1単位で進むのが

エビでは、0.1単位で進む感じです

はたして、私は今どの位置に居るのでしょうか?



それでは、今日はこの辺で

ありがとうございました。



今日の一枚

画像 184


スポンサーサイト

Comment

 

おはようございます~

なるほど~   爆殖がみえてきたんじゃないんですか(笑)

ポチっと(笑)
  • posted by ruiえび 
  • URL 
  • 2012.12/09 10:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

こんばんは~

今はコツコツと硝酸塩の対策中です(笑)

爆殖、早くみたいですね!
  • posted by 蘭丸 
  • URL 
  • 2012.12/10 02:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。