蘭丸海老

「もうそろそろ諦めてもいいですか?」「ダメです!まだ始まってもいませんから。」

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人工孵化システム(笑)

こんにちは、蘭丸海老です。

何時もご訪問ありがとうございます。



テンションを上げる為の連投です(笑)

無理矢理感は否めませんがお付き合い下さい。


さて今日は

リセットとはまったく関係ないのですが

以前から思っていた事に小細工を施してみました。

エビを飼育していると度々遭遇する

抱卵したままの脱皮や☆

皆さんも経験されてると思うんですが

そして始まる人工孵化

脱皮の場合は孵化直前の事が多く

比較的簡単に人工孵化が可能ですが

☆の場合、孵化までの期間が長くなる事もあり

卵がいつの間にか消滅

僅かな期待も一緒に消滅してしまう事が多いと思います。

原因は卵の腐敗や捕食だと思ってるんですが

飼育環境下の水槽では仕方ないかもしれません。

そこで今回

以前からイメージしてた事を具現化してみました(笑)

試作一号機なんでみすぼらしいの一言ですが

稼働から三日間、卵の腐敗や捕食はなく

今の所は機能してるみたいです!



人工孵化システム試作一号機
IMG_0399_convert_20140714120159.jpg
IMG_0398_convert_20140714120128.jpg

ベタの個別飼い用のミニ水槽に

スポンジフィルターのパイプをカットして設置

台所用のゴミネットで卵を水流のあたる所に固定

IMG_0400_convert_20140714120219.jpg

今朝現在、卵に変色は確認されてませんので

順調なんだと思います。

本水槽と分ける事でミジンコなどの捕食もなく

作業中の侵入さえ注意すれば長期維持も可能?

稼働して三日目なんで答えは出てませんが

この方法で成功すれば本格的に

システム化していこうかなと思ってます。


孵化が成功すればブログにアップします。

が、この記事だけで話しが終わった場合は

失敗したと思って下さい(笑)


それでは、今日はこの辺で

ありがとうございました。


にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


今日の一枚

IMG_0401_convert_20140714120236.jpg

ブロアで暖をとる妃万里

今は夏ですが(汗)


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。