蘭丸海老

「もうそろそろ諦めてもいいですか?」「ダメです!まだ始まってもいませんから。」

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち上げ準備

こんばんは、蘭丸海老です。

何時もご訪問ありがとうございます。



今回は珍しく

先程の新種誕生からの連投です。



本題に行く前に今日の水温は

室温19℃に対し水温が18℃~20℃

さすがに限界かと思いファンヒーターオン!

寒く感じる時にファンヒーターをつけ

自動で消えるまで放置

朝は一番冷え込む時間にタイマーを合わせ

同じく自動で消えるまで放置

結果、水温は20℃~23℃を示してました。

ハリボテの仕切りなんで隙間風は凄いですが

水温は維持できそうな雰囲気

後は真冬の費用対効果がどうなるかが問題になりそうです。

灯油と電気の勝負、どちらに軍配があがるのでしょうか?

引き続き検証したいと思います。



それでは本題

土日に60と30キューブの立ち上げを予定しているんですが

少しでも手間を省こうと思い前もって水槽の処理を行ないました。

60
画像 051

備品を外しソイルを撤去中

画像 052

掬いきれないソイルはポンプを使い吸い出します。

画像 063

はい!綺麗になりました!!

画像では一瞬ですが実際は手間の掛かる面倒くさい作業です。

30キューブ
画像 064

30キューブなら抱えてガサーって出来るんですが

60はさすがに危険なんで無理です!



次に、明日投入するソイルの下準備

画像 079

定番のマスターソイル黒ノーマル

基本、私の立ち上げはソイルを洗います。

ソイルを洗い水の張った水槽にソイルを入れるが

今の我が家の定番になってます。

そして、ソイルを洗う前にもうひと手間

新品のソイルは乾燥しており水に浸すと水を吸うんですが

どうせ吸うなら良い水を吸って頂きたい(笑)

てな訳で
画像 080

ミネラルたっぷりの湧水に

エビランドさんの水槽のタレを吸ってもらいます(笑)

画像 081

投入するソイルをバケツで量り

画像 082

この状態で一晩漬かってもらいます。

漬ける時間に拘りはないですが

一時間~一晩の範囲で漬け込みます。

今日の作業はここで打ち切り、続きは明日行ないます。

作業に余裕があれば写真を撮って記事にしようと思いますが

恐らく、多分、完成した状態での紹介になるでしょう(笑)



それでは、今日はこの辺で

ありがとうございました。



今日の一枚

画像 086

変な寝方






スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。