蘭丸海老

「もうそろそろ諦めてもいいですか?」「ダメです!まだ始まってもいませんから。」

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソイルを使わないエビ飼育(水質測定)

こんにちは、蘭丸海老です。

久々に雨が降り、池の水位も回復

一時は、水を足そうかと迷いましたが

これで一安心のわたしです。



ソイルを使わずにエビを飼育できないか

テスト的に立ち上げた水槽の経過報告です。

画像 107
画像 106

上の写真は立ち上げて2~3日目の状態です。

現状は状態にさほど差は無くパイロットの糞が

若干減ってきた様に思います。

画像 115

糞が減るって事はバクテリアは機能してる?

パイロットのミナミとラムも落ちずに

ミジンコも湧き出したので機能してるのでしょう。


そして水質は

アンモニア
画像 112

左 底面仕様・右 スポンジ仕様

どちらも検出されず。

飼育水を使ってたからだと思いますが

糞だらけの水槽を見ると以外

亜硝酸
画像 113

亜硝酸も共に検出されず0㎎

アンモニアが処理されていたので妥当?


そして私が一番気になっている

硝酸塩
画像 114

硝酸塩はガッツリ出てると思いきや

まさかの両者0㎎!

バクテリアのサイクルが出来ていて

硝酸塩が無検出

これってシュリンプ入れても大丈夫じゃね?

でもね・・・

画像 110
画像 111

PHがどちらも7.5

PH6.5の飼育水を入れたのに上がってる

これでは突発的に出たアンモニアや亜硝酸が

毒性になる可能性がある

リスクを回避する為にはPHは7.0を切っておきたい

じゃあどうすればいいか?

水質を弱酸性に導く物と言えば・・・

画像 116

やしゃぶしの実投入!

この状態で放置PHが下がるのを待ちます。

この経過はまた後日報告します。

水槽を立ち上げて一週間ぐらい?

もう少し悪い数値が出るかと思ってましたが

思いの他の好感触

この調子で進めば近い内に本隊投入もありそうですね(笑)

今回、再確認したのはソイルって弱酸性にする為に

ちゃんと仕事をしてるんだなと思いました。



何気ない風景

一回り大きくなった錆色ターコイズ少しましバージョン
画像 119

オレンジファンシー赤ライン
本来の黒ラインファンシー
画像 118

レア赤ライン(画像不鮮明)
画像 117

発見!アーリー稚魚泳ぎだす
画像 109
画像 108

ほんとに野良猫だったの妃万里?
画像 095

蘭丸、舌がでてますよ!
画像 098

猫って舌をしまい忘れる・・・




それでは、今日はこの辺で

ありがとうございました。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。