蘭丸海老

「もうそろそろ諦めてもいいですか?」「ダメです!まだ始まってもいませんから。」

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サテライトの位置付け

こんにちは、蘭丸海老です。

今日は、ruiえびさんからの質問を頂いた、

サテライトの良し悪しについて、話したいと思います。

現在、私も思考錯誤中で、お話をする立場ではありませんが

あくまで、私の飼育レベルでの

個人的主観と言う事でお願いします



我が家では、5機のサテライトが稼動しています

多いか少ないかは、解りませんが

その理由は、以前のブログにも紹介しましたが

狭くて複雑な水槽スペースに、大型水槽が多く

エビを飼育するには、水槽の数が不足します。

水槽全景1

その為、サテライトも1つの水槽として

立ち上げてます(バクテリアなどふりふり添加)

時間があれば、画像中央下のように

30cm水槽に、メイン水槽の水を入れ

サテライトを掛けて、じっくり立ち上げます。

急遽、避難が必要な時でも、

吸着系ソイルを使えば、そこまでの惨事には

ならなかったと思います。

リセットも手軽、移動もそのままポン掛け

エビが入っている場合は、エアー量を調節して

水合わせ可能で、エビを目視管理(特に稚エビ)

狙った掛け合わせから、孵化まで飼育可能

私は気に入ってます

しかし・・・

手軽な反面、危険も多いと感じています

それは、スペースの狭さと水量の少なさ

私の飼育スタイルが重なって、すぐに汚れてしまう

上手く管理されてる方もいるので

私のスタイルが、一番の要因だと思いますが

変化が起こりやすく、振り幅が大きい(稚エビには致命傷)

この汚れて行くを克服=少なくするが、

サテライト飼育の肝ではないかと、私は考えてます。



ここからは、短い経験で感じ行なっている対策と

サテライトでやってみたい事など

◎対策(心掛けていること)

1.とにかくシンプルに最低限の物しか置かない

 汚れの沈殿を防ぐのと、汚れを貯めない水流を確保

2.ソイルの厚さ

 底面あり=ソイル厚敷き 底面なし=ソイル薄敷き

3.水量を上げる(排水注意)

 サブフィルターを繋ぐと水量が増えます

4.餌

 バクテリアの粉がメイン、たまに少量の餌を与える

5.掃除屋(元気な若固体)

 餌が少なめなので、狂ったようにソイルをツマツマします

6.状態を細かく確認

 急な変化を見逃さない(好調の状態を憶えておく)

◎サテライトでやってみたいこと

1.ベアタンク飼育

 ソイルに汚れが溜まるなら、ソイルやめとく?
 供給元の水が出来ているのなら、
 やしゃぶしの実ぐらいで、大丈夫ではないか

2.サテライト・システム化

 サテライト内に、濾過槽を併設
 小型ポンプor外部Fから配水を取り込むみ
 能力を向上させる(近い内に、試作を作る予定)


以上が、我が家のサテライト事情です。

最後に・・・

あくまで、私の水槽環境での話と理解してください

ruiえびさん、文章が下手でゴメンナサイ

質問の回答になってるでしょうか? ・・・不安です


このブログを拝見くださった方

ほんの少しでも、参考になれば幸いです。



それでは、今日はこの辺で

ありがとうございました。


今日の一枚

蘭丸01

次男の蘭丸です。(8kgの大型猫)



スポンサーサイト

Comment

 

蘭丸海老さん こんばんは。

凄くわかりやすく説明して頂いてありがとうございました。

まず猫ちゃんの大きさにびっくりです(笑)



明日にでもサテライトの方挑戦してみます!
  • posted by ruiえび 
  • URL 
  • 2012.11/01 01:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

Ruiえびさん、こんにちは
サテライトの話、そう言って頂けると
ホッとします。
立ち上げ頑張って下さいね(^^)

おたがい、ガンガン増やして行きましょう!
  • posted by 蘭丸海老 
  • URL 
  • 2012.11/01 11:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。